妊娠をすると、見た目だけでなく精神的な面や体調にも大きな変化が表れます。

もちろん肌も例外ではありません。

体調や見た目の変化には個人差がありますが、それでも何かしらの変化を実感する方がほとんどだと思います。

例えば

 

「妊娠してから化粧品が合わなくなった」

 

「今まで大好物だった食べ物が食べられなくなった」

 

ンといった経験がある方もいるかもしれません。

今回は、天使のララ ファーストセラムは妊娠中・授乳中でも使用できるのかどうかや、配合されている添加物について解説していきます。

 

天使のララファーストセラムに添加物は含まれてるの?

天使のララ ファーストセラムには複数の添加物が配合されています。

 

「添加物が入っているのに使っても大丈夫なの?」

 

「本当に安全なの?」

 

と副作用のリスクを心配している方もいることでしょう。

というのも、化粧品に含まれている成分はカタカナ表記のものが多く、聞き慣れないものばかりだからです。

成分名をチェックしても、どんな効果があるのかや有毒性については分かりませんよね。

そこで、ここでは天使のララ ファーストセラムに配合されている添加物の安全性について解説していきます。

 

AMP

AMPとは

 

「アデノシン環状リン酸」

 

のことです。

一見すると身体に悪そうな名前ですが、実は人間が生きていく上で欠かせないATP(アデノシン三リン酸)から合成されています。

ちなみに、ATPとは筋肉を動かしたり体温を維持したりなど、エネルギーを消費する活動において重要な役割を担っている小さな分子のことです。

 

肌も例外ではなく、ターンオーバーを正常化する働きがあると言われています。

アレルギーが起こる危険性はほとんどありません。

 

酸化銀

パラベンなどの石油系の防腐剤の代わりに用いられる成分です。

毒性はないので安心して使用できます。

 

フィチン酸

フィチンという物質に金属イオンが結合したものがフィチン酸です。

トウモロコシや胚芽、玄米などの穀物から抽出される成分で、ビタミンBに分類されます。

優れた抗酸化作用を持っているので酸化防止のために配合されることが多いです。

安全性が高く副作用の危険性はほとんどありません。

ただし、穀物に対してアレルギーを持っている方は注意が必要です。

 

天使のララファーストセラムは妊娠中・授乳中でも使える?

結論から述べると個人差があると言えます。

公式サイトにも特に記載されていないため、心配な方はかかりつけ医に相談すると良いでしょう。

 

また、天使のララ ファーストセラムは肌に優しい成分のみが厳選して配合されていますが、少しでも異常が表れた際は使用を中止してください。

これくらいなら大丈夫!と過信するのは危険です。

 

慌てないで!妊娠後の肌質が変化したときの対策方法5

妊娠・授乳を機に肌質が変わるのは珍しくありません。

 

「肌質が変わったらどうしよう」

 

と心配するのではなく、肌質が変わっても肌トラブルが起こらないように気を付ければいいだけです。

例えば、下記のことに気を配るだけでも肌トラブルを防ぐことができます。

 

  • 化粧品の成分表示をチェックする
  • ニキビや乾燥などの肌トラブルが起こったときは保湿を徹底する
  • 無理に化粧をせず、肌を休める習慣をつける
  • 季節を問わずUV対策を怠らない
  • ストレスを溜めすぎない

 

最初からすべての項目を実践するのは大変なので、まずはひとつずつ試してみると良いですよ。

ここからはそれぞれの対策方法について詳しくご紹介していきます。

 

化粧品の成分表示をチェックする

肌質が変化して化粧品が合わなくなるとピリピリとした刺激を感じるようになり、さらに下記のような肌トラブルが起こることがあります。

 

  • ニキビ
  • 乾燥肌
  • シミ
  • 赤み
  • かゆみ

 

これらの症状が表れた場合は、肌質が変化して化粧品が合わなくなっている証拠です。

配合されている成分が肌に刺激を与えて炎症を起こしていると考えられます。

ちなみに、肌荒れを起こしやすい代表的な成分に下記の5つがあります。

 

  • アルコール(エタノール)
  • 防腐剤(パラベン)
  • 乳化剤(ラリノン)
  • 界面活性剤
  • 香料

 

上記の成分が必ず肌に悪影響を与えるというわけではありませんが、敏感肌の方にとっては刺激を感じやすい成分です。

また、成分には化学成分と天然由来成分がありますが、

 

「天然由来成分=肌に優しい」

 

というイメージを持っている方が多いかもしれしれません。

しかし、天然由来成分の原料がアレルギー反応を起こす可能性もあります。

一概に

 

「化学成分=肌に悪い」

 

「天然由来成分=肌に優しい」

 

と決めつけるのではなく、肌質に合わせて選ぶことが大切です。

肌トラブルを防ぐためにも必ずパッチテストを行ってから使用しましょう。

 

洗顔料の成分にも要注意!

洗顔料には香料が配合されていることが多いです。

香料自体が有害なわけではないのですが、敏感肌の方が使用すると稀に赤みやかゆみなどの症状が表れることがあります。

そのため、少しでも異変を感じたときはすぐに使用を中止してください。

そして症状が重い場合は専門医を受診しましょう。

 

敏感肌の方は普通の化粧品を使うと刺激を感じやすいので、敏感肌用の化粧品がおすすめです。

ドラッグストアやデパートはもちろん、ベビーオイルなど赤ちゃん用品が取り揃えてあるコーナーにも敏感肌用の化粧品が置いてあります。

意識しないとなかなか目に入らないものですが、ぜひこの機会に店頭でチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

ニキビや乾燥などの肌トラブルが起こったときは保湿を徹底する

妊娠中・授乳中はホルモンバランスが乱れやすく、肌質も変化しやすい時期です。

 

「今まで肌トラブルと無縁だったのに乾燥しやすくなった・・・」

 

という方も多いのではないでしょうか?

肌トラブルを防ぐためにも、季節を問わずしっかりと保湿をすることが大切です。

保湿性に優れた化粧品に変えてみたり、いつものスキンケアに保湿クリームや美容液をプラスするのもおすすめです。

 

「どんなスキンケア製品を選んだら良いのか分からない」

 

という方は、敏感肌用化粧品か低刺激性のクリームを選ぶと安心です。

 

無理に化粧をせず、肌を休める習慣をつける

肌質が変化すると、どんなに肌に優しい化粧品でも肌トラブルが頻繁に起こるようになってしまいます。

自分に合うものが見つからず途方に暮れることもあるでしょう。

そんな時に心掛けてほしいのが”無理に化粧品を使用しないこと”です。

 

化粧品は肌の水分と油分のバランスを整えて肌トラブルを防ぐ役割を担っていますが、合わない化粧品を無理やり使い続けるのは肌にとって良くありません。

そこで、例えば化粧水が合わないときは、精製水をコットンにたっぷり含ませて優しく馴染ませてみてください。

精製水は水なので、どれだけ使用しても成分が肌に影響を与えることはありません。

 

また、洗顔料も毎日使うのではなく、メイクをしたときだけ使用することで肌への負担をぐっと減らすことができます。

 

「水だけで汚れが取れるの?」

 

と思う方もいるかもしれませんが、ぬるま湯でそっと洗い流すだけで表面の汚れはキレイに落ちます。

それから、スキンケアだけでなくコスメも見直してみましょう。

コスメの成分表を見てみると、意外と負担のかかる成分が配合されていることが多いものです。

敏感肌用やミネラル製品を選び、肌への負担をできるだけ軽減しましょう。

 

季節を問わずUV対策を怠らない

シミ・そばかす・色素沈着が起こる頻度には個人差があります。

例えば、シミとは無縁でも乳首に色素沈着が起こる人や、体全体に色素沈着が起こる人もいます。

できてしまったシミやそばかすを化粧品で消すのは困難なので、できる前から入念にUVケアを行いましょう。

 

「日焼け止めを塗ると肌が荒れてしまう・・・」

 

という方は、下記のアイテムを活用すると良いですよ。

 

  • UVカットの衣服
  • 日傘
  • 帽子
  • UVカットマスク
  • UVカットメガネ

 

なお、妊娠・出産に伴う体の色素沈着については出産後に戻ることがほとんどですのであまり気にしなくて大丈夫です。

ただし、どうしても気になる方やなかなか治らない方は一度産婦人科で相談してみてください。

 

ストレスを溜めすぎない

適度なストレスは人間にとって必要だと言われていますが、過度なストレスは母体にも胎児にも悪影響を与えてしまいます。

肌トラブルなどの症状であればまだ可愛いものですが、不眠や拒食など精神疾患を患ってしまうと大変です。

特に妊娠中は悪阻で栄養バランスや生活リズムが乱れやすく、身体の大きな変化からマタニティブルーに陥ってしまう方も少なくありません。

 

ストレスをため込まないためにも、不安なことやイライラした気持ちは身近な人に聞いてもらいましょう。

ただグチグチと話をするのではなく、自分がどうしてイライラしているのか、ストレスが溜まっていると感じているのかを理論立てて話すことが大切です。

 

そしてどうすればストレスが解消されるのかを考えながら話してみてください。

自分自身の中で整理がつけば、きっとイライラした気持ちも治まるはずです。

 

まとめ

天使のララ ファーストセラムは妊娠中・授乳中の使用は禁止されていません。

肌に悪影響を与える成分は配合されていませんが、肌質の変化しやすい妊娠中・授乳中は肌トラブルが起こる可能性もあります。

使用する際はパッチテストを行い、少しでも異常が表れたときは医師の診察を受けるようにしてください。